魂の使命を生きる

[self-introduction]

ライトワーカーって、
いざって時が来ないようにする役目も
実は担っています。

(どこまで話していいのかわかりませんが。。。
ま、いっか^^;)

一般的なライトワーカーの定義について、
私もググってみたのですが、

『スピリチュアルな世界と現実世界の
橋渡し的な存在』

というのが、主な定義として、
説明されていました。

(ちなみに、ヒーラーは、
ライトワーカーの一部分にあたります。)

じゃあ、なんで橋渡しする必要があるのか?

それは、
スピリットが望む世界を作り出せるように、
本来の道へとご案内するのに、
スピリチュアルな知識、
形而上学が必ず必要になるからです。

みんなが本来の姿で、
自分のやりたいことができていたら、
争いもなくなり、世界は平和ですよね^^

でも、現実はそうじゃない。

今も、世界の600か所で戦争が起きていて、
子どもたちが1秒ごとに亡くなっています。

これを引き寄せの法則に当てはめると、

同じ周波数のものが引き寄せられている
⇒ネガティブな周波数を発している

私たちの発している周波数が低くなると、
それに合わせた現実がやって来るんです。

だから、
ひとりひとりが本来の自分を取り戻して、
キラキラ輝く高い波動になれば、
よりよい現実が目の前に現れてくれます。

いざって時も来ない!
ってことです♪

つまり、私たちひとりひとりが、
世界の命運を握っているともいえます!

ネガティブになっている場合じゃ、
ないですよ~( ゚Д゚)

実際に、私がライトワーカーになる!
と決断した理由は、ここにあります。

私は、今現在で、
自分の一番やりたいことに気づき、
その道を進んでいて、
人生とても楽しんでる自信があります!

まだ、自分の人生の設計図の達成率は、
37%(今は、もうちょっと増えたかな?)
でしかありませんが、

今死んでも、悔いは残りません。

(天界の存在達にはクレームは
言うと思いますけど(笑))

※アデプトになると、
天界からの絶大な守護とサポートが
もらえるのです(*^^)v

でも、うちの子どもたちは、
まだまだ人生これから!!

せっかく超難関をくぐりぬけて、
地球に生まれたのに、楽しみ尽くすことなく、
終わらせてしまったら、
それこそ、悔いが残りまくりです( ;∀;)

でも、ライトワーカーなら、
この悲惨な現状を変えられる!
子どもたちも守れる!って、知って、

最初は、やる気は全くなかったのに、
「絶対やりたい!!!」
「やれることやって死にたい!!」
という気持ちが沸々と湧いてくるのを
感じたのです。

実はちょうど、今週末に
ライトワーカーとしてさらにもう一つ
ステージが上がる予定なのです♪

節目の時が近づいて来ていて、
なんだか最初のあつーーい!想いを
思い出してしまったのです(#^^#)

なんでも初心大事ですよね!?
(と、無理やり話をまとめに入る^^;)

なんか、真面目過ぎるなーーー!

と、自分でも突っ込み入れてしまうのですが、
普段から、それくらいの想いと覚悟で
仕事をしている、っいうのが伝わったら
嬉しいな~♪と思っています^^

そして、
あなたにもぜひ、スピリットが泣いて喜ぶ
本当にやりたいことを見つけてもらえたら、
心から嬉しいです(*^^)v

[entry_mail]

お支払い方法

当日現金でのお支払い

お申し込み方法

セッションのお申し込みは、こちらからお願いいたします。

アカウント登録
ログアウト
プロフィールを編集
予約履歴
Subscribed items
登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー 状態
予約の詳細
close
予約の詳細
ご希望のメニューを選んでください
ご希望のメニューの詳細
下記のアドレスに認証コードを送信しました。 認証コードを入力してください。

お申し込み後、折り返し、当サロンよりお返事させていただいて、正式な予約完了となります。

セッションについてご相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
お問い合わせはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【5人の子持ちママヒーラー・Webデザイナー&プログラマ】
子どもの出産をきっかけに個人起業の道を模索するも、やりたいことがわからなくなり迷走!!
子育てと会社員の両立に限界を感じ、強引に独立した直後にアデプトと出会いました。
それからは、本来の自分を取り戻すための課題に向き合わされる怒涛の日々!と2回の妊娠・出産!
自分の本当にやりたいこと・使命に目覚め、自己実現を叶えたい!人生に妥協したくない!方の後押しをしています♪

目次
閉じる