糖質制限始めて約3か月!ここまで振り返り【妊娠糖尿病ブログ】

[self-introduction]

6月あたりからインスリン回避のために
糖質制限し始めたから、3か月弱。

ひとことでいうと、
「糖質制限いいよーー!」です♪

妊婦は太るものと思ってたけど、
今は、妊娠前より体重減ってる~

でも、赤ちゃんは、でかめに成長!!

糖質摂らなくても、赤ちゃんが育つのに、
必要な量の栄養は届いているってことだよねー!

ただ、産婦人科の先生が言うには、
過去の血糖値高かった時の影響もあるかも、
とのことだったので、油断はまだまだできず。。。

(胎児でかめ、羊水多めで
血糖コントロール足りないのでは?的なニュアンス^^;
がーーん!!)

そして、
血糖値安定してて
体内で出すインスリン量が確保されていれば、
ケトン体+4でも、今のところ体調に問題ない!

ってのも、言っておきたい!

(もちろん、私の場合は。。。という前提です。)

どうやら、今の糖尿病治療の常識では、
異常扱い&ケトン体ごみ扱い
⇒糖質制限は危険!
みたいだけど(;^_^A

これも、
赤ちゃんが異常なく生まれて育つのか?
っていうところまでみないとダメだと思うから、
絶対!糖質制限じゃなきゃダメ!
というつもりは、サラサラありません~^^;

じゃ、なんでそんな不確かなことなのに、
ここまで糖質制限をやっているのか?

それは、
今までのうちの子たちの成長を見ているから。

妊娠糖尿病といわれたのは、
今回が3回目。

その前の2番目の子の時に、
はじめて、4400グラムの巨大児を出産しています。

なので、
おそらく、2番目の子の妊娠時から、
血糖コントロールができていなかったと予想がつきました。

2番目以降の子たちは、
どうも勉強が苦手。。。
というレベルを超えてる気がする^^;

3番目は、今まさに知能検査申し込んでいる状態。
4番目も、発語が遅めだと思う。
3番目も遅めだった~

2番目は、コロナ太りでお腹がポッコリ^^;
太りやすい体質。

遺伝的に太りやすいのもあると思うし、
勉強は、どうやらおとめ座あるあるみたいな可能性も。

でも、妊娠中、授乳中の栄養状態が
よくなかったのは自信ある!!(;’∀’)

一晩で、カントリーマアム一袋空けることもしばしば。

3番目の子は、保育園で離乳食始まるまで、
あまり笑顔にならなかった記憶も。。。

そして、逆に同じものを食べているのに、
一番上の子が抜群に成績いい!!(*^-^*)

いろんな思い当たることがあるし、
エビデンス的にしっかり出しているのは、
糖質制限の推奨のお医者様の方。

放置したら確実に巨大児&発達遅れ。
病院の言う通りにインスリン使っても巨大児。

なら、糖質制限&栄養管理してみるしかない!
という結論なわけです。

どんなことでも、
常識といわれていること以外を
やろうとするときは、ほんと勇気がいるし、
覚悟も必要だと思います。

そんな時に大事なのは、
やっぱり、論理的に思考することとと、
感覚的に自分が納得できるか?
のバランスを保つことだと思います。

こりゃまた、カバラのアートとサイエンス♪

その大前提には、
自分がきちんと枠にとらわれずに
事実を正しくとらえられる状態であるのか??

これが狂ってるから、
糖質が血糖値上げる唯一の原因なのに、
糖質は摂らなきゃいけない!

という、
矛盾したことを疑問に思わず、平気で信じて指導してしまう
栄養士さんやお医者様が大半という現状に。。。

ほんと、この世界は、
どれだけ真実がわからなくなっているんだろう( ;∀;)

そんな世界を変えていけるのが、
DNAアクティベーションだったり、
カバラだったり、アデプトプログラムです!

私は、ほんとの宇宙の、世界の真実を知って、
経験して、実行しているからこそ!
不確かに思われそうなことも、
迷わず踏み出すことができるようになったと、
今、まさに実感中です(*^-^*)

(湖面にうつった富士山、
まさに、この矛盾した現世そのものを表しています)

[entry_mail]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる